上州の空っ風

トップ | 上州の空っ風 | 2018年11月

入荷情報

 仕事が忙しく狩猟の解禁に行けません・・・

 

今週の入荷です。

セキセイインコ 各種 雛

オカメインコ 各種 雛

ハリネズミ

ミニウサギ・ネザーランドドワーフラビット・ロップイヤーラビット・ミニレッキス

ゴールデンハムスターとジャンガリアンハムスター 各種

親オカメインコのペア

など

 

 

家の文鳥の雛

やむを得ず1腹分だけ巣箱から出しました。

あと1週間程は親元に置いておきたかったのですが・・・

どうしてもとの事で仕方なし・・・

 

 

 

お問い合わせはこちらからお願い致します。

多忙につき、ご来店の日時はお問合せ下さい。

平日のご来店はご予約下さい。

オープン日・平日に限らず、お越しの際には必ずご連絡下さい。


小桜インコ

 今日巣箱から出した小桜インコの雛です。

ムチムチの雛達です。

そして体重測定・・

取り出した雛を入れる箱が重たいわけです。

小さいと思われる雛でも50g以上あります。

1羽だけ47gの雛いましたが、残り13羽は50g超えです。

惜しい・・もう一声・・・

しかし大丈夫です。

この子達より持った感じが重く大きい雛が1羽います。

さて何グラムでしょうか?

頂きました!

最大値60gを超えた63g!!

最大グラム数更新です。

親は大変だったでしょうね・・良く育ててくれました。

こんだけでかい雛がいれば、餌も直ぐにカスカスになりますよね。

自分の所の雛を巣箱から出した時の安心感は絶対です。

 

 

 

お問い合わせはこちらからお願い致します。

多忙につき、ご来店の日時はお問合せ下さい。

平日のご来店はご予約下さい。

オープン日・平日に限らず、お越しの際には必ずご連絡下さい。


やっと終わった

 今日、動物取扱業の講習に行ってきました。

そして・・・何とも無駄な時間とお金を消費しました。

 

今回は動物福祉と言った内容の講習がありましたが、結論から言うと詭弁ですね。

そんな詭弁のような事を考えていたら何も飼えやしない・・

そんな事は言われるまでも無く分かり切っている事です。

ペットのほどんとは野生から始まったものです。

当然本能や習性などを残したままペットになっている動物も多いと思います。

あからさまにやっていはいけない事はダメと言う事で良いと思います。

飼育環境下にあれば少なからず動物はストレスを感じると思います。

それは人間も同じで、そのストレスをどう軽減するかを考えながら日々の生活を送っていると思います。

ペットの場合は飼育という環境で、人間側がペットのストレスをどう軽減してあげるかを考えてあげなければいけません。

私は日々それを考えて飼育や繁殖をさせております。

そして動物には環境適応能力というものが備わっております。

長い飼育や世代を重ねる毎に、その環境に適応できるようになっていきます。

講師の方の言いたい事は十分に理解をしています。

それは私も同じ事を考えていたのですが、違いは野生=ペットと思っていない所です。

ペットという立場から限られた空間で、どうその環境に適応させるかを常々考えてきました。

 

「白クマの適温をしっていますか?」には思わず吹いてしまいました・・

北極圏にいる白クマの適温など言われなくても想像はつきます。

しかし日本の動物園、しかも今年の夏の激暑にもしっかり耐えていますよね。

それが適応というやつでしょうか・・

野生の白クマをとっ捕まえて日本の動物園に連れてきたわけではないでしょうに・・

日本の夏の暑さで白クマが可哀想だからと、今度は北極圏に連れていったら死にますよ。

 

私はインコを手乗りにしたり繁殖したりしております。

同じ種類でも野生のインコと飼育のインコは違います。

また親鳥などの荒鳥と手乗りのインコは違います。

同じ種類の鳥であっても育った環境で全く違う生き物になります。

それは動物だけで無く、人にも言える事ですが・・

 

今日の話は共感する事・ためになる事と、それはちょっと違うんじゃね・・という話と半々と言ったところでしょうかね。

ちょっと話が極端なところがありましたからね。

ホワイトタイガーの話も言いたい事は分かるのですが・・・突然変異・品種=悪 みたいな言い方には疑問視致します。

突然変異はそもそも遺伝子異常です。

アルビノや白変色など、正常な色素の遺伝子に異常があったりして突然現れる事は知っての通りです。

ホワイトタイガーは突然産まれた1頭から品種維持の為に、血縁交配をされて維持されている種になると思います。

でも品種物なんて大抵はそんな感じです。

だから我々ブリーダーは原種戻しのヘテロ(鳥はスプリット)にして血を離しながら、その品種を維持しているんですがね。

奇形がでないように考えながら交配をさえております。

虎だから小動物の交配って訳にはいかんでしょうが、それは虎を飼うだけの施設のある所が血縁離しの交配を怠ってきた結果ではないでしょうか。

日本にいるキンカチョウのユーモ種なんて、元は2羽から始まってますから。

元をたどせば遠い親類に当たるのでしょうが、それは愛好家がちゃんと血縁を離して品種の維持に努めてきたら、今特に何か異常があるとか無いですよ。

 

話は脱線してしまいましたが、今日の講習はこんな思う所がありました・・

 

 

 

お問い合わせはこちらからお願い致します。

多忙につき、ご来店の日時はお問合せ下さい。

平日のご来店はご予約下さい。

オープン日・平日に限らず、お越しの際には必ずご連絡下さい。


セキセイインコ

 相変わらず立派でムチムチした雛です。

生後3週間前後で平均サイズと言うか、平均肉厚です。

 

やけにでかいのいました。

小桜インコと変わらないですね。

大体生後4週目に突入なくらいの月齢です。

ちゃんと餌を与えてくれればジャンボくらいの大きさには育つと思います。

 

今セキセイの出産・子育てラッシュなので、あちこちでビロビロ雛の声が聞こえてます。

 

 

お問い合わせはこちらからお願い致します。

多忙につき、ご来店の日時はお問合せ下さい。

平日のご来店はご予約下さい。

オープン日・平日に限らず、お越しの際には必ずご連絡下さい。


鹿

 昨年捕った鹿の頭を埋めて頭蓋骨だけにしました。

土色になった頭蓋骨を白くして、鼻の所の骨と歯を接着剤で固定してほぼ完成です。

後はどの角度で設置をするか悩んでおります。

頭蓋骨の部分を垂直にするか、ツノの部分を垂直にするかで、随分と見方が変わってきます。

楽をすれば頭蓋骨の方なんですがね・・

 

小型(30cm前後)のツノは止まり木代わりにしております。

半永久的に使えるのえるのと、見た目も良い感じになります。

モモイロインコのモモちゃんも、コガネメキシコのおこめちゃんも、小桜インコのスフレちゃんも鹿の角を使用しております。

コガネメキシコも破壊できないので重宝しております。

一応モモイロインコくらいまでの大型でしたら、ほぼ破壊される事は無いのは確認しました。

 

ちなみに仲間にくれたツノは・・・コンゴウが破壊したそうです・・・

まぁ・・奴らは仕方ないでしょう・・

 

このくらいのサイズのツノは、中型インコクラス用の止まりツノとして加工致します。

イベントに持っていく予定ですので、そこで試験販売をしてみます。

 

 

 

お問い合わせはこちらからお願い致します。

多忙につき、ご来店の日時はお問合せ下さい。

平日のご来店はご予約下さい。

オープン日・平日に限らず、お越しの際には必ずご連絡下さい。


早いもので

 来週は狩猟解禁日です。

 

今日は猟友会の会議があり出席しておりました。

狩猟者登録証やバッチなども配られ、いよいよ狩猟間近です。

昨日は猟期前の射撃に一人で行って来て撃ってきました。

地元の射撃場に行きましたのでスキート射撃です。

1年に1回しかスキートを撃たなくなりましたが、国際ルールで21枚・・まぁ 撃って無いのに良くあたるものですね。

その前は10年ぶりのトラップ射撃でしたが、10年ぶりで21枚・・まぁ 体が覚えているんでしょうね。

当時は公式を撃ってましたが、満射ま無理でしたが20枚以上は平均して撃ててました。

トラップ射撃は性に合っていたようで、5m・10mフィールド設定は満射、15m猟友会設定は22~24枚・公式は20~23枚は取れてました。

どの設定でも直ぐ修正ができるので、本当に性に合っていたのでしょう。

普通は公式撃っている人がフィールドや猟友会設定を撃つとボロボロになります。

逆のパターンは公式のクレーのスピードに全く付いて行けないのが普通です。

 

あの頃は楽しかった・・

 

 

また射撃でも少しやろうかと思ったりもしております。

トラップでもスキートでも20枚以上撃てると面白くなってきます。

私はトラップ射撃もスキート射撃も両方撃てるので、ちゃんとしたフィールド射撃銃でも買ってフィールド射撃に力をいようとも思ってます。

さてどうしたものか・・・

トラップ屋はトラップ射撃に力を入れるか、最近安定してきたスキート射撃に力を入れるか、両方撃てる強みでフィールド射撃に力を入れるか・・・

 

追々考えましょう。

 

 

 

 

お問い合わせはこちらからお願い致します。

多忙につき、ご来店の日時はお問合せ下さい。

平日のご来店はご予約下さい。

オープン日・平日に限らず、お越しの際には必ずご連絡下さい。


入荷情報

 今週の入荷です。

 

セキセイインコの雛 各種

オカメインコの雛 各種

マメルリハの雛 各種

この他にアメリカンイエローとアルビノがいれば・・・おおよその色が揃ったのですが。

 

ミニウサギ・ネザーランドドワーフラビット

ハリネズミ

ゴールデンハムスターとジャンガリアンハムスター各種

 

 

 

お問い合わせはこちらからお願い致します。

多忙につき、ご来店の日時はお問合せ下さい。

平日のご来店はご予約下さい。

オープン日・平日に限らず、お越しの際には必ずご連絡下さい。


ブリード

 家の子達です。

小桜インコとボタンインコの雛

順調に産まれ育っております。

文鳥の雛

1腹分です。

ノーマル・シナモン・シルバーイノになります。

 

文鳥は夏の気温の影響で今頃の巣出しになってしまいました。

残り数か所で産まれ、後は今頃の抱卵です・・・

のこ状態だと今年の秋の繁殖は今一に終わるでしょうね。

待てど待てどしている内の・・冬になってしまいます。

 

 

お問い合わせはこちらからお願い致します。

多忙につき、ご来店の日時はお問合せ下さい。

平日のご来店はご予約下さい。

オープン日・平日に限らず、お越しの際には必ずご連絡下さい。


加須の金魚祭り

 11月3日(文化の日)、年二回の恒例、埼玉県の加須の水産試験場で開催される金魚のお祭りに、吉岡養魚場さんの手伝いで参加してまいりました。

 

 

今回の来場者数は大変多かったです。

黙々と金魚のパッキングに追われておりました。

交代で休憩はしておりましたが、秋の品評会の金魚はほとんど見れずに終わりました・・

体調も万全とは言えなかった為、今回は非常に疲れました。

しかし、特にトラブル(靴の置き去り・池に落ちた・金魚を忘れた)なども無く、無事に終える事ができて良かったです。

忙しくて他の養魚場さんの金魚もほとんど見られず、そこは残念でしたが、イベントは大盛況でしたので充実した労働ができました。

毎度の事ながら少々金魚もお分け頂いたので、立ち上げをしてから追々販売致します。

 

 

そういえば、今週は月曜・火曜日で仕入れと出荷を終えたしまい、水曜日から余裕をくれ過ぎてしまってブログの入荷情報なり更新をすっかり忘れておりました・・

とりあえず家の子達の写真だけ撮ってあったので載せます。

小桜インコとボタンインコの雛です。

バイオレットのボタンだけ親に羽を抜かれてしまって出荷できず、家で元気にご飯を食べております。

小桜と比べるとボタンは食が細いイメージですが、この子は9cc前後飲み干します。

羽の生え具合にもよりますが、来週まで掛かるようでしたら11月後半のイベント様に育てようと思ってます。

 

 

 

お問い合わせはこちらからお願い致します。

多忙につき、ご来店の日時はお問合せ下さい。

平日のご来店はご予約下さい。

オープン日・平日に限らず、お越しの際には必ずご連絡下さい。