上州の空っ風

トウブハコガメ

 

孵化しました。

9月中旬頃の孵化と思いきや、9月初旬に孵化してしまい、油断をしていたところで親に襲われて2匹食い殺されてしまいました。

右側の1匹も親に襲われたのですが、少々甲羅をやられただけで済みました。

3匹回収できたのですが、今度は餌付けが中々上手くいかず1匹死んでしまいました。

そして地上に出て来て2週間、やっと餌を食べてくれるようになりました。

もうこの2匹は安心でしょう。

鳥籠の中に勝手に沸くうにうに虫が気に入ったようで、毎日5~7匹程度を追いかけて捕食しております。

トウブはまだ孵化すると思いますので、今度は油断せずにこまめにチェックします。

 

さてそろそろミツユビハコガメのベビーと日本石亀のベビーが地上に出てくる頃なのですが・・・

セマルハコガメは昨年から有精卵が入らなくなり全滅です。

元々の親の年齢すら分からない状態でしたので、数年前から孵化したベビーを残してきましたが、その考え方は当たりでした。

現在オスが3匹、メスが7匹だったと思いますが、モリモリ餌を食べております。

産卵までには後2~3年は掛かるかと思います。

ミツユビも2匹残りしてありますが、1匹はオス確定です。

トウブももちろん残して育てます。

何しろ価格が高騰して手に入れる事が難儀になってしまいましたからね。

 

孵化してようがしていなかろうが、この時期毎朝カメハウスをチェックするのが楽しみになります。

 

 

 

お問い合わせはこちらからお願い致します。

多忙につき、ご来店の日時はお問合せ下さい。

平日のご来店はご予約下さい。

オープン日・平日に限らず、お越しの際には必ずご連絡下さい。


ミツユビハコガメ

 今日は良い天気、こんな日の夕方はカメが産卵すると思って水撒きをしました。

案の定、夕方にミツユビハコガメが産卵をしておりました。

 

 

毎年同じ場所に産んでいるようですね。

昨年の卵の殻を掘り返してました。

 

イベントに行ったり、旅行に行ったりと、カメハウスを覗けない日が多かったので、もしかするとあちこちに産んでいるかもしれません。

アメリカハコガメは卵を回収しないでこのまま放置致します。

 

 

 

お問い合わせはこちらからお願い致します。

多忙につき、ご来店の日時はお問合せ下さい。

平日のご来店はご予約下さい。

オープン日・平日に限らず、お越しの際には必ずご連絡下さい。


金魚

 

加須の金魚祭りで仕入れてきた金魚です。

さっさと立ち上げに入りました。

1週間はスレやストレスを軽減させながらの環境合わせ、後の1週間は餌を与えながら状態の回復をはかります。

販売はそれ以降となります。

投薬をしながら金魚の状態を上げていきますが、短縮しても2週間はかかります。

状態さえ上がってしまえば後は楽です。

 

日本石亀のベビー

 

家のキンカチョウの雛

ユーモのスプリットなので今回は1羽ユーモの現物が産まれました。

ユーモを殖やす気は無いのですが、雌雄いるので空いているスペースで繁殖させてます。

最終的に飼育場所が完成したらペアは解消する予定ですが、良く殖えるペアなのでこのままにしておいても良いかなと思ってます。

 

 

 

お問い合わせはこちらからお願い致します。

多忙につき、ご来店の日時はお問合せ下さい。

平日のご来店はご予約下さい。

オープン日・平日に限らず、お越しの際には必ずご連絡下さい。


ミツユビハコガメ

 

有精卵4個中 3個孵化して1匹死にました。

この2匹が無事に育っております。

 

後に産んだ卵は掘り出していませんので、自然の成り行きに任せております。

何はともあれ2匹孵化してくれて嬉しいです。

ミツユビは本当に可愛いカメです。

 

 

お問い合わせはこちらからお願い致します。

次回オープンは8月12日・13日(PM1:00~PM4:00まで)を予定しております。

平日のご来店はご予約下さい。

オープン日・平日に限らず、お越しの際には必ずご連絡下さい。


ミツユビハコガメ

 

今朝ミツユビハコガメの卵を確認すると1個割れていて、ベビーが顔を見せておりました。

無事に孵化してくれてありがとう。

 

ミツユビハコガメの卵は初めに回収した卵のみで、後は掘らずに埋めっぱなしです。

何回か産んでいるようで、数か所は場所を確認してあります。

産まれたベビーを特に襲うとかは無いので、ミツユビは実際放置で良いのですが、やはり初めの卵は堀たくなってしまいます。

これから1カ月くらいの間にもしかしたらベビーが出てくるかもしれませんので、ちょくちょくカメハウスはチェックしないとです。

 


トウブハコガメ

 やっと産卵致しました。

回収した卵は9個です。

さてちゃんと白濁が出てくれるでしょうか・・

本当に長かったです・・ここまで来るのに・・・

 

オープン日生体

ホーランドロップイヤーラビット

ドワーフホト

デグー ノーマル・ブルー・パイド・ブルーパイド

コガネメキシコ 大雛

ウロコインコ ダイリュートオパーリン 大雛

手乗り オカメインコ など

 

 

お問い合わせはこちらからお願い致します。

次回オープンは7月30日(PM1:00~PM4:00まで)を予定しております。

平日のご来店はご予約下さい。

オープン日・平日に限らず、お越しの際には必ずご連絡下さい。


順調

 1日と2日の暑い日の夕方に2匹のセマルハコガメが産卵をしました。

無事白濁が出ました。

 

3日~今日の夕方は涼しかったので残りのメスは産卵していません。

数日中に暑い日になれば残りのメスも産卵するでしょう。

ここ数年は2回産卵するので、7月中旬の梅雨の明けた頃にまた見張ってないとです。

こいつら産卵している雌のお尻に顔を突っ込んで産むのを待っている連中です。

少しでも発見が遅れると貴重な卵を食べられてしまいます。

 

6月の中旬辺りからミツユビハコガメも産卵すると思います。

昨年は卵を保管する場所を失敗したので、今年はぬかりないように気を付けます。


トウブハコガメ

 

交尾をしました。

今日は暖かかったので午後になってから水撒きをしました。

ハコガメ達は水撒きが大好きです。

序に餌を新しいのに入れ替えようと準備をしていると、トウブハコガメが交尾をはじめてました。

 

水撒きの後に怪しい行動をしていたので、ちょっと期待はしていたのですがね。

ちゃんと刺さっているようです。

 

ここまで育て上げるまでが長かった・・・本当に長かったです。

こいつらは甲羅長で18cm超える立派な親に育て上げました。

特にオスはベビーの時からなので、それはそれは嬉しいのなんの。

昨年仕上がる予定だったのですが、まさかのスカシ・・

8年間、トウブハコガメのこの日をどんなに待ち望んだことやらです。

後は無事に産卵して白濁が入る事を祈りつつ、またその日を心待ちにしております。

 

 

このゴールデンウィークと言われる連休は動物の管理とペアリング、そして片付けに追われております。

卸の方は休みにしておりますが、私自信は休みは0です。

まだまだやる事は沢山ありますが、体が持つ限り1つ1つ片付けてやろうと思ってます。

 

 

お問い合わせはこちらからお願い致します。

多忙につき、ご来店の日時はお問合せ下さい。

平日のご来店はご予約下さい。

オープン日・平日に限らず、お越しの際には必ずご連絡下さい。


入荷情報

 久々に感じる「過労」です。

 

今日の入荷です。

良い丹頂が入荷致しました。

明け2才です。

日本イシガメのベビー

無理を言って分けて頂きました。

クリーム文鳥・シルバーイノ文鳥・パステルノーマル文鳥(ダークシルバー)の雛です。

 

 

この超激務のループから解放されたいと願うこの頃です・・・


カメ

 カメ達が冬眠から目覚めたようです。

日中とても暖かかったので鳥レバーを買ってきてハコガメ達に与えてみました。

お昼過ぎに鳥レバーを切って持って行ったのですが、早速ミツユビハコガメが交尾をしておりました。

そんな中で鳥レバーを順繰り与えてみると、早々に食いついてくれました。

心配していたトウブハコガメのメスとセマルハコガメのオスも順調に食べてくれたので一安心です。

 

室内にいたセマルハコガメとミツユビハコガメも表に出して、水場の掃除と水撒きをしてからペレットをお皿に巻いて終了です。

日本イシガメも餌を置いて水場の水の入れ替えをしました。

今年も沢山孵化する事を祈っております。


セマルハコガメとミツユビハコガメ

 

こちら3年前に孵化した子達です。

ミツユビハコガメはメス、セマルハコガメはオスです。

こちらは2年前に孵化した子達です。

全部メスで良いと思います。

 

今年の子は全部販売してしまいました。

ミツユビは来年オスを孵化させないとダメなので、来年こそはオスを孵化させる為に調整しないとです。

セマルはこれだけいれば次世代に繋げられますね。

カメは時間が掛かり過ぎるので本当に大変です。

飼育自体は大した事無いのですが・・・気の短い私には結構辛いですかね。

 

今は室内飼育で冬を越させますが、これが屋外冬眠で落としたりしたらこの数年間がパーになります。

数年間がパーにならないように気を付けます。


1匹だけ孵化

 

日本イシガメのフロアに行ったら1匹だけ歩いてました。

一昨年、大親(年齢不詳)の産卵が悪くなり、丁度その時に大量に親が欲しいという引き合いがあったので、その方に全部渡してしまいました。

こちらも手放す理由を説明した上で、それでも欲しいと言う先方との利害が一致して、日本イシガメハウスは静かなものになりました。

その時、若い雌と雄を数匹残し、その後家で産まれたベビーや小さいメスを買ってきたりと、若い組を増やしている最中です。

残した若メスもまだ産卵しないだろうと思っていたのですが、今年から産卵を始めたようです。

来年からはちゃんとメスの行動を観察して、卵を回収致します。

 

 

お問い合わせ

次回オープンは9月24日・25日(AM1:00~PM4:00まで)を予定しております。

平日のご来店はご予約下さい。

オープン日・平日に限らず、お越しの際には必ずご連絡下さい。


セマルハコガメ

 

現時点で9匹孵化しました。

まだ卵はあります。

トータルでどのくらい孵化するか・・

楽しみに見守ってます。

 

 

お問い合わせ

次回オープンは9月11日(AM11:00~PM4:00まで)を予定しております。

平日のご来店はご予約下さい。

お越しの際には必ずご連絡下さい。


第一号

 

ヨークサックが無くなってくれて、ようやく普通管理になったセマルハコガメ孵化第一号です。

続々後が続いております。

毎年の事ながら、カメの孵化したてのベビーは可愛いですね。

 

 

今日は気合を入れてケージの掃除と、小動物のケージの掃除です。

綺麗になりました。

アフリカヤマネもベビーが居ないタイミングじゃないと掃除もできません。

やっと綺麗に掃除ができました。

デグー達のケージも綺麗になりました。

今フクロモモンガが地味に産まれております。

デグーもヤマネも妊娠しているだろうから、そのうちちっちゃいのがモソモソしているでしょうね。

 

鳥も含めて自家繁殖は案外順調ですが、入荷の方が壊滅的です・・・

 

 

お問い合わせ

次回オープンは9月3日・4日(AM11:00~PM4:00まで)を予定しております。

平日のご来店はご予約下さい。

お越しの際には必ずご連絡下さい。


やっと孵化が始まった

 セマルハコガメが孵化しました。

5月の下旬に産卵した卵です。

約3カ月は長いですね・・

生きてるか死んでるかも微妙な感じですし。

 

同じ日の卵が1個まだ孵化していませんが、臭いも出てないし、そもそも死んでいればカビが生えるはずなのでそもまま見守ってます。

今年はちゃんと孵化すればセマルハコガメフィーバーになります。

無事に孵化する事を祈ってます。

 

 

お問い合わせ

次回オープンは9月3日・4日(AM11:00~PM4:00まで)を予定しております。

平日のご来店はご予約下さい。

お越しの際には必ずご連絡下さい。


トウブハコガメ

 バナナを食す。

 

 

ミミズを食す。

 

 

 

 

 

お問い合わせ

次回オープンは8月13日・14日(PM1:00~PM4:00まで)を予定しております。

平日のご来店はご予約下さい。

お越しの際には必ずご連絡下さい。


セマルハコガメ

 バナナを食す。

 

 

 

お問い合わせ

次回オープンは8月13日・14日(PM1:00~PM4:00まで)を予定しております。

平日のご来店はご予約下さい。

お越しの際には必ずご連絡下さい。


ミツユビハコガメ

 バナナを食す。

 

 

 

お問い合わせ

次回オープンは8月11日・13日・14日(PM1:00~PM4:00まで)を予定しております。

平日のご来店はご予約下さい。

お越しの際には必ずご連絡下さい。


トウブハコガメ

 家にいるトウブハコガメ、ベビーから育てた立派な雄と、余分な雄と交換してセミアダルトで来た雌。

雌も冬眠させて今年仕上がって良い感じだと思いきや、やる気があるのか無いのか分からない日暮五文の適当な連中です。

先日カタツムリが沢山捕れたので与えたら、久々にやる気満々な姿を見せてくれました。

その適当なトウブハコガメの雌が産卵行動をしておりました。

やっとかぁ・・・

長かった・・・本当に長かった・・・

やっと産卵してくれるのかと思いきや、思いっきりフェイクでした・・・

おまえ、勘弁してくれよ・・

まぁ、そういう行動を見せてくれただけでもヨシとしなければです。

 

今年はミツユビの卵(回収した卵)が全滅なんで頼むよ。

ミツユビは多分どっかに産んでいると思いますので、そのうちひょっこら歩いている事でしょう。

産んでいるのは分かっていたのですが、産んだ場所が分からなくて回収せずに放置してます。

 

 

今日の入荷は、

国産モルモット

 

 

お問い合わせ

次回オープンは7月23日(AM11:00~PM4:00まで)を予定しております。

平日のご来店はご予約下さい。

お越しの際には必ずご連絡下さい。


バッタバタ・・

 今日は一日バタついてました。

それでも無事に雛の出荷が終わり、静かになって仕事部屋でくつろいでます。

 

昨日の夕方ハコガメハウスを覗きに行くとセマルハコガメが産卵をしていました。

夕方に掘り起こしに行って無事に回収。

なんだかんだと2クラッチ目の産卵が始まったようで、現在18個の卵を回収致しました。

1クラッチ目の卵は全部白濁が出て有精卵確定です。

2クラッチ目の卵は6個回収できましたが、これはまだ白濁は確認できません。

先日はミツユビハコガメの卵も回収ができ、今年も順調にカメは産卵しております。

ただ成熟しきっているトウブハコガメのペアが全くやる気なしで困ってます。

今日も2匹で水場から並んで顔を出してました・・・

よわったもんですよ・・・

あいつらの産卵と孵化が上手く行ってくれればなぁ・・・そしたら今度はフロリダを飼いたいと思っているんですがね。

 

さて、明日はヨウムの雛とコガネメキシコインコの雛が入荷する予定です。

準備は万端。

明日の引き取りが楽しみです。

 

小桜インコ WFオパーリン・バイオレット

 

 

お問い合わせ

次回オープンは7月3日(AM11:00~PM4:00まで)を予定しております。

平日のご来店はご予約下さい。

お越しの際には必ずご連絡下さい。


ハコガメの卵

 

セマルハコガメとミツユビハコガメの卵。

結構溜まりました。

まだミツユビの雌が1匹産んでいないので待ってます。

産む時期が早いので2クラッチは期待できそうですね。

全部白濁が出ているので、後は孵化を待つばかりです。

 

久々に、リリーさんです。

リリーさんは今年で19歳のご老体ですが、それでもまだ猟に行きたいと真っ先に車まで行きます。

まだ足腰もしっかりしていますし、飯も良く食べます。

そしてルルいじめは健在です。

猟に行っても少し散歩して、後は車で待っているだけで、猟は引退しております。

呼んでも無視するので、ちょっと耳が遠くなっているようです。

考えてみればリリーとは17年以上の付き合いになります。

リリーには随分獲物を獲らしてもらいました。

普通に考えても後何年も生きられるとも思いませんが、リリーには少しでも長生きしてもらいたいです。

 

 

お問い合わせ

次回オープンは6月11日・12日(AM11:00~PM4:00まで)を予定しております。

お越しの際には必ずご連絡下さい。


ヨウムとのお別れ

 

2カ月近く育ててきましたが、思い返すとあっという間でした。

来た時はまだうぶうぶで、一日6回の餌やりをしていましたが、今ではこんなに大きくなりました。

そして今日、我が家から旅立ちました。

家での最後の記念撮影です。

良い顔してますよね。

これからどんどん良いヨウムに育つと思います。

これからの鳥生が、家にいた時よりも幸せであってほしいと切に願っております。

 

 

そして昨日ミツユビハコガメが産卵行動をしておりましたが、今朝無事に4個の卵を回収できました。

夕方にはセマルハコガメが産卵行動をしており、前回の食卵の危険もあるので別のセマルは退避させました。

19時過ぎに様子を見に行くと、まだ息張っていたので明日の朝確認致します。

今年もたくさん孵化してくれる事を祈ってます。

 

 

お問い合わせ

次回オープンは6月11日・12日(AM11:00~PM4:00まで)を予定しております。

お越しの際には必ずご連絡下さい。


ミツユビハコガメ

 

今年も順調に産卵行動をしております。

夕方にハコガメハウスに水撒きをしてあげました。

水入れも綺麗にしてあげたら、その下に大量のナメクジが!!

大好物のナメクジ。

トウブハコガメもミツユビハコガメもセマルハコガメも目の色を変えて貪り付いてました。

一通り水撒きをしてあげて、そろそろミツユビが産卵するかなぁと思っていたら案の定です。

明日の朝には卵があるか、それとも数日掛かるか、しばらくは目が離せません。

今年はミツユビの雄を残したいのでそれ相応の孵化にしないとです。

 

予定では後1週間程でお別れするチビモモちゃんです。

どこで覚えたのか・・・ケージから脱走していました。

扉の開け方を覚えたみたいですね・・・

夕方の餌やりに行ったら部屋で楽しそうに遊んでました。

そしてケージに戻されてこの面です。

 

モモちゃんが朝毎日遊んでいる姿をみているのでうらやましくなってしまったのでしょうか。

モモちゃんは朝ケージを開けてあげると出て来て、まずはしばらくオイルヒーターの上にいます。

それから下に降りて来てフラフラ部屋を歩いているか、人の後を付いてくるかします。

そして踊り場か仕事部屋まで歩いてきて、人の様子を伺っています。

声を掛けてあげると来るので仕事部屋の椅子の上でしばらく私と仕事をしています。

そして彼女が来ると彼女の所に行って少し遊んでもらってからお家に帰ります。

モモちゃんの中では、

彼女>>>超えられない壁>>>私

です。

 

まぁ、私が自分で育てた小桜インコ以外は、家の手乗りは皆こんな感じですが・・・

 

 

 

お問い合わせ

次回オープンは6月5日(AM11:00~PM4:00まで)を予定しております。

お越しの際には必ずご連絡下さい。


産卵しました。

 連日卵ネタで申訳ございません。

今日の夕方、セマルハコガメが産卵を致しました。

 

2個回収!

 

16時頃から穴掘りをしていたのですが、寄りによって一番硬い地面を掘っていました。

掘りずらそうだったのでスコップで少し地面を柔らかくしてあげました。

18時半頃確認に行くと他のセマル達が何かに貪り付いてます・・・

はい、卵ですね。

馬鹿セマル共の餌食になりました・・・多分2個・・・

それで無事だった2個を何とか回収できました。

 

とりあえず今年初産卵は半分ですが無事に回収できました。

後は白濁が出てくれるのを待つだけです。

 

 

お問い合わせ

次回オープンは6月4日・5日(AM11:00~PM4:00まで)を予定しております。

お越しの際には必ずご連絡下さい。


ミツユビハコガメ

 

早速交尾をしていました。

相変わらず元気な雄です。

今年は別血統の雌を1匹足したので、雄もルンルンでしょうね。

今年も頑張っていっぱい有精卵を産んでもらいたいものです。

 

 

お問い合わせ

次回オープンは4月23日(AM11:00~PM4:00まで)を予定しております。

お越しの際には必ずご連絡下さい。

4月24日はジョイフル本田瑞穂店様でバードフェスタを開催致します。


冬眠からの目覚め

 屋外で冬眠していたハコガメ達を起こしてみました。

ここ数日の暖かさでモソモソ動いていたのは確認していました。

ちゃんと起こす為に厚く敷いた落ち葉の布団をどけました。

 

トウブハコガメ。

今年こそは産卵、頼みます・・

ミツユビハコガメ。

相変わらず元気な雄、一番早い目覚めでした。

セマルハコガメ。

雄の立ち上がりがいつも心配です。

 

 

落ち葉をどかすと虫やナメクジなどが出てきますが、どうやらそれを食べているようです。

亀が動いているのを確認して目を離し、また見ると口がモゴモゴしていました。

しばらくは冬眠あけの生餌の確保をしないと・・・

ミミズとナメクジは大好きなので、この辺りを狩りに行きます。

 

 

そして冬の間放置していたフィンチ小屋’(元山鳥小屋)の掃除もしました。

巣箱に沢山つまった巣材の撤去、地面に落ちた餌のカス、軽く掃除しただけで米袋4体の屑がでました。

キンカチョウの雛がいるのが分からなくて、巣材を撤去したら雛が4羽出てきました。

やっちまった・・・

しばらく挿餌して育てます。

これである程度すっきりしたので、また適当に巣を選んで繁殖すると思います。

 

 

ウロコインコの小屋からか細いビーチクパーチクが聞こえてきます。

ウロコも孵化したみたいですね。

USA組のブルーとブルーシナモンがペアリングしたみたいで、ブルーシナモンがしばらく見えなかったのでですが、奥の方の巣に入っているようです。

産卵したかな?

このペアの雛、早く見たいです。

 

来週だか再来週だかにUSAのウロコの親が十数羽来ます。

ペアリングすれば直ぐに巣引きするだろうなぁ・・・

うーちゃんの旦那も見つかれば良いのですが・・・

うーちゃんウロコのくせにウロコ嫌いだから・・・

入ってきたから考えよう。

 

 

お問い合わせ

次回オープンは4月23日(AM11:00~PM4:00まで)を予定しております。

お越しの際には必ずご連絡下さい。

4月24日はジョイフル本田瑞穂店様でバードフェスタを開催致します。


セマルハコガメとミツユビハコガメ

 

 

 

昨年産まれのセマルハコガメとミツユビハコガメです。

それなりに順調に孵化して数も増えてきました。

ここ数年は次世代を残す為に育てていましたが、今年以降はそれなりの数を放出できるのではないかと思ってます。

 

 

お問い合わせフォームの調子が悪い為、お問合せはこちらにメールをお願い致します。

 carnelian-7@gamma.ocn.ne.jp


亀の孵化

 

セマルハコガメ

ミツユビハコガメ

 

今年はミツユビが絶好調!


お知らせ

 多忙につき、しばらくの間オンラインショップを休業致します。

動物取扱業に関わる生体の個人様への販売はしておりません。

動物取扱業に関わる生体のお問い合わせ(ご購入等)は、お近くのお取引先様を紹介致しますので、そちらへお問い合わせ下さい。


ミツユビハコガメの産卵

 

2クラッチ目の産卵です。

今回は前回より大き目の卵を2個だけ産みました。

今年は沢山の亀の卵を回収できました。

ほとんど有精卵ですが、全部の孵化は期待しておりません。

それでもある程度の数は孵化するのではないかと思ってます。

孵化が待ち遠しい・・・


いよいよ

 

残り1匹のミツユビハコガメのメスが産卵体制に入りました。

夕方暗くなる前だったので、今日の卵の回収は明日に見送りです。

 

しばらく穴掘りを眺めていましたが、後ろ足で上手に土を掻き出すんですね。

穴の中をくり貫く様にシャベルの様に後ろ足を器用に使ってました。

 

最近また亀に熱が入りつつありますが、今年の孵化状況であれこれ考えてみます。


入荷情報

 

 雛

セキセイインコ各種・小桜インコ各種・ボタンインコ各種・オカメインコ各種・美声インコ ノーマル・サザナミインコ ブルーとダークグリーン など

 

 

今日セマルハコガメの最後のメスが産卵しました。

残すはミツユビハコガメのメスが1匹。

 

そして先日回収したミツユビハコガメの卵7個、全てに白濁がでました。

嬉しい限りです。

 


待ちに待った ミツユビハコガメの産卵

 

 

ここ数日、夕方にカメハウスの産卵を確認できず、ミツユビハコガメフロアで卵探しをしていました。

しかし卵は見つからず・・・

まだ産卵していないのかと思ってがっかりしていた矢先、今日の夕方ミツユビハコガメが産卵していました。

このミツユビハコガメはベビーから育てた個体で、体格も良好です。

 

産卵の後、しっかり7個回収させて頂きました。

残るメスはミツユビハコガメが1匹、セマルハコガメが1匹の産卵を待つのみです。

 

そういえば、先日ミツユビハコガメのベビーを1匹回収しました。

おそらくは年を越えて春先に出てきたベビーだと思います。

どうやら私の目を掻い潜って6月中旬までミツユビフロアで生活していたようです。

その前にトウブハコガメフロアに入り込んだであろうベビーが、トウブのメスに食べられていました。

 

これからミツユビハコガメのベビーはたくさん残して、そのうちカメフロアをミツユビだらけにしてあげます。

 


セマルハコガメの産卵

 

3匹目のメスが産卵しました。

今日の小雨振る夕方、たまたま見に行ったら卵を産んでいる最中でした。

しばらくして戻ると土が掛けてあったので、掘り返してみると、無事に4個の卵を回収できました。

 

さて後は白濁がでるまで3日ほど、期待しながら見守ってます。

 

残るメスは後1匹、最初の1匹のメスの卵は無精卵でした。

2匹目のメスは有精卵でしたが、産んでいるのが分からず探している時に1個割ってしまいましたが、残る3個は有精卵確定です。

オスが1匹しかいないので、流石に全部のメスとは掛かって無いのでしょうか・・・

どうにかオスを残せるように孵化を調整しておりますが、もし今いるオスが死んでしまったらセマルハコガメの繁殖は止めます。

 

 


セマルハコガメの卵、白濁出ました。

 

とりあえず3個白濁出ました。

後の2個は駄目でしょう・・・

今、2匹のメスが産んでましたが、1個は私が破壊・・・2個は行方不明(多分食べられた)・・・

残り2匹の卵に期待をします。

梅雨に入ってしまったので、雨の間はしばらく産まないと思います。

梅雨の中休み、このタイミングでしっかり見張っていないとです。


トウブハコガメ

 

トウブハコガメのオスは難なく冬眠明けしました。

保温水槽で加温飼育したメス?らしいトウブハコガメも、気温の上昇とともにようやく表に出せました。

とりあえず加温したおかげで、だいぶ大きくなりました。

今の時点では確かにメスっぽいですが、前回はそれで騙されたのでまだまだ気を抜けません。

 

トウブハコガメのメスを探すと、結構な大枚を叩かねばなりませんので、どうにかこのトウブハコガメがメスであってもらいたいものです。

 

ちなみにこいつはオス2匹と交換しました。

 

どの道メスであったとしても今年は繁殖には使えないはずですから、もう少し様子をみてみます。


セマルハコガメ

 

毎年の事ながら、こいつらの冬眠明けには嫌になるほど気を使います。

あれほどたくさんいたセマルハコガメも、冬眠明けに失敗・・・熱中症・・・などで数が減り、現在はオスが1匹とメスが4匹しかおりません。

セマルハコガメのオスは非常に少なく手に入りずらいので、もしこのオスが死んでしまえばセマルハコガメの飼育はやめようと思ってます。

 

今日は起き立てのセマル達に水撒きをして、ミルワームを与えてみたら追いかけて食べてました。

そして何時も気がかりなオスもしっかり食べてくれました。

これで一安心です。

 

昨年は忙しく卵を掘り起こす事ができず、案の定孵化には至らなかったので、今年は何が何でも卵を掘り起こしてみます。

元々優性卵率は差ほど低くないので、ちゃんと掘れればそれなりに孵化してくれるんですよね。

 

 


ミツユビハコガメ

 

 

冬越しも無事に終わり冬眠から完全に覚めました。

ミツユビハコガメが相変わらず1番。

特にオスは今年も絶好調です。

早速交尾をしていました。

 

今年はしっかり卵を取り上げましょう。