上州の空っ風

トップ | 上州の空っ風 | オキナインコ

オキナインコ

 今日巣から出しました。

ノーマルが5羽(兄弟)、ブルーが1羽・コバルトが2羽(兄弟)の2系統です。

 

体重も平均110gと申し分ありません。

 

コバルトが一番大きく116gありました。

 

こんなムチムチのオキナの雛が7羽もいると、可愛くて仕方ありません。

しかし、ここから残せるのはノーマルの雛が1羽のみです。

手乗りに育てたくて無理やり1羽残しました。

後の雛は全部ご予約で完売となります。

1週間程度餌付けをして、ちゃんと挿し餌を飲むようにしてからお引き渡しとなります。

 

後もう1ペア・・・少々癖の強い親でしてね、有精卵は入っているようですが・・・どうなんでしょうか・・

 

さて、あと2週間ほどすればコガネメキシコの雛が巣から出せると思います。

新しくペアリングをしたウロコインコも無事に孵化しました。

あまりにも繁殖しないので飛ばしてしまったマメルリハも、何でか繁殖したようで雛がいました。

繁殖はそれなりに順調にはいっているようです。

 

 

そしてシロハラインコの「しろろん」とズグロシロハラインコの「くろろん」は初級フライト訓練を終え、現在は中級フライト訓練をしております。

元々体が小さく軽い「くろろん」は、フライトも軽やかで上手なものです。

中級訓練は踊り場で行うのですが、階段があるせいで途中から通路が狭くなります。

お勝手の扉もくぐらなければならないので、高く飛び過ぎると扉をくぐれず扉の上の壁にぶつかります。

案外簡単そうな気もするのですが、飛び出し間近の鳥にとっては相当難しいようです。

広い所から急に狭くなると飛ぶのが怖いようで、普通はそこを右往左往します。

狭い場所をクリアしても、今度は扉をくぐれず上の壁にぶつかって落ちてきます。

扉をくぐる為には羽ばたきを調整して高度を下げなければなりません。

これを全てクリアし、尚且つスピードもあれば中級フライト訓練はクリアとなります。

「くろろん」はほぼ完璧にクリアできました。

後はもう少し羽の操作を上手にさせたいところです。

「しろろん」はお勝手の扉まではくぐれるのですが、スピードが足りません。

度胸と後は羽ばたきの微調整の訓練をさせないとです。

しかしこの程度であれば数日でクリアできると思います。

「しろろん」も「くろろん」も何時まで一緒にいられるか分かりませんが、旅立つその日までしっかり訓練をしていきます。

 

ちなみにももちゃん先生は、ももちゃんが1羽と少々通れる隙間を空けて飛ばすと、羽をつぼめてその隙間に飛び込んで、隙間を越えた瞬間に羽ばたきこちらまで飛んできます。

野生の鳥は当然そんな事当たり前のようにやるのでしょうが、こうしてももちゃんのフライトを間近で見ながら観察していると、実に見事なものです。

 

 

 

お問い合わせはこちらからお願い致します。

多忙につき、ご来店の日時はお問合せ下さい。

平日のご来店はご予約下さい。

オープン日(土・日曜日)・平日に限らず、お越しの際には必ずご連絡下さい。

見学のみでも大丈夫です。


コメントを投稿する

いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。

TrackbackURL: