上州の空っ風

小動物

 

国産フクロモモンガ ベビー

タイ産フクロモモンガ ベビーも入荷。

国産ステップレミング。

相変わらず針の密集度が違う、カナダ産ハリネズミ。

国産モルモットも入荷。


孵化

 

 

一日遅れて、コリンウズラのシルバー・スノーフレーク・メキシコ・その他色変わり、ノーマルとレッドは色々な品種のスプリットです。

カンムリウズラ・ズアカカンムリウズラ、イワシャコのアルビノスプリットに日本雉です。

2次孵化試験終了です。

 

そして本孵化が・・・

消毒完了。

左側

コリンウズラのノーマル・レッド・ホワイトスプリットとズアカカンムリウズラ。

右側

コリンウズラの色変わりとスプリット、カンムリウズラ・ズアカカンムリウズラ・コジュケイ・ヒメウズラ・日本雉・イワシャコのアルビノスプリット・コールダックの卵になります。

夜中にせっせとフラン器に入れました。

沢山孵化する事を祈ってます。


コリンウズラの雛

 

 

ノーマルのレッドの雛。

1羽でかいのはキンケイの雛。


コジュケイの雛

 

 

一番可愛いと思います。


シロマダラウズラ

 

ウズラ飼いの憧れの鳥。

兎に角文献が少ないので苦労しましたが、やっと環境に定着してくれたと思います。

これから様子を見ながら繁殖にチャレンジです。

良い声で鳴くんですよ、この鳥。


カナダ産 ハリネズミ

 

カナダ産のハリネズミ、やっぱ半端ねぇや。

見よ、この針の数を!


コリンウズラ

 コリンウズラの品種物を多数繁殖させておりますが、今年は血統の維持の為、現物よりスプリットを産ませる為のペアリングを多く組んでおります。

数あるコリンウズラの一部を紹介します。

 

↑ ホワイトコリンウズラ

ホワイトの遺伝子と、クリアパイドの遺伝子があるようで、見た目でホワイトと一くくりにされているようです。

簡単に説明するとパイド系の遺伝子であれば、白胸(ライトパイド)を戻し交配させるとパイドが産まれます。

普通にノーマルが産まれるようであればホワイトです。

 

↑ スノーフレークコリンウズラ

定かではないですが、おそらくはメキシココリンウズラの品種改良種だと思われます。

この画像のペアはオスがスノーフレークで、メスはスノーフレークとシルバーの間の色合いで名称は不明。

 

↑ レッドコリンウズラとシルバーコリンズラ

このレッドはベースをレッドコリンウズラで、顔の模様にノーマルを入れようと思って交配させた物で、途中まで出来上がったレッドコリンウズラです。

あんまりパッとしないので、どうしようかと思っていましたが、シルバーコリンウズラのメスが余っていたので、このペアリングでとりあえず卵を取ってます。

一応戻し交配も兼ねておりますが、どんな結果になるかは不明。

 

↑ メキシココリンウズラ

ただのメキシココリンウズラのペアです。

 

↑ パステルノーマルコリンウズラとメキシココリンウズラのペア

パステルは交配の過程で産まれたのですが、名称が分からずただ単にノーマルより色素が薄いのでパステルと言っているだけです。

試しにこの交配で繁殖中です。

 

 

去年の子供の大半を残してペアリングをしてありますので、かなりの数が増えました。

現物同士はもちろん、色々と掛け合わせているので、また変わった種類が産まれないか、来週の孵化が楽しみです。

 

 


キエリクロボタンインコ

 

若いのが来ました。

やっぱり本キエリは良い。


チャボのひよこ

 

頼まれて孵化させました。

本当に小さい頃は可愛いですね。

このまま大きくならなければ良いのにと思います・・・